推薦情報サイト

カード現金化業者の努力とは

カード現金化を利用している人、これから利用しようと検討している人などにとって、最も関心があるのは還元率です。少しでも高い還元率でおトクに利用したいと思うのは当然のことで、カード現金化業者も少しでも高い還元率を出そうとして競争をしています。
カード現金化の還元率には大きな法則があって、振込まで時間をかけるほど高くなり、スピードを重視すると低くなるというのが1つ目の法則。もう1つの法則は利用金額が大きくなればなるほど還元率が高くなるという法則です。この2つの法則は還元率を少しでも高くしたいという利用者にとってはセオリーとも言えるもので、この法則をもとに高い還元率をゲットする方法を指南しているサイトもあります。
ところでこの利用金額なのですが、これにはちょっとしたバトルがあることをご存じでしょうか。バトルの当事者はカード現金化業者とカード会社です。おそらく皆さんもご存じだと思いますが、カード会社はカード現金化ビジネスを認めておらず、むしろやめるように呼びかけています。カード会社の想定にない利用方法なのでコントロールが難しいことと、過去にカード現金化をした上で支払いを完済しなかった人がいたことが最大の理由です。
しかしカード現金化は違法行為ではないのでカード現金化をしたからと言って捕まった人はいません。そこでカード会社は、カード利用者の動きから現金化サービスを利用していることを察知するための努力するようになりました。それまで使ったことがないような高額決済を突然した場合はその典型で、カード現金化ではないかと怪しまれることになります。そしてこのことはカード現金化業者も重々承知しています。一度に高額決済をするようなことを今は決してしません。
そうなると高額になるほど還元率が高くなるという法則はどうなるの?と思われる方も多いでしょう。それについてはしっかりと法則は生きているのでご安心ください。一度に高額決済をすることはせず、小さな金額の決済を複数回繰り返し、異なる決済先で複数口を決済するなど、業者も色々と工夫をして利用者の目的を達成してくれます。